TALK 対談

入社半年で新規事業のリーダーに抜擢!?

TALK 対談

入社1年目から1事業を任され活躍する、若手女性社員2人に話を聞きました!

ー簡単に自己紹介をしてください。

平島
「テンポスジョブ」という飲食店専門の求人サイトの企画・運営を担当している平島です。人を採用したい飲食店と、飲食店で働きたい人をマッチングするサイトを運営しています。店舗側、応募者側の対応から、サイト自体のアクセスUP、サイトの売上UPが仕事のミッションです!
小川
飲食店専門の覆面調査「テンポショッパー」の営業・企画を担当している小川です。調査員が、お客さんのふりをしてサービスは良いか、料理の質は高いか、清潔感はあるか等を調査するのが覆面調査です。顧客満足度をあげたい飲食店さんから依頼を受けて、店舗改善のお手伝いをする仕事です。

ー二人は同期入社ですよね?お互いの第一印象は?

平島
クールビューティー!!あと、新入社員研修中にたくさん手をあげていて、良い意味で意識高い人、できる人だなという印象でした。
小川
もう、ほんとそれ見た目だけだから
平島
ほんとにそうでした(笑)
小川
(爆笑)
平島
研修中に「それ聞く!?」という質問を何度もしてたよね?テンポスに入社した理由じゃなくて、テンポスの前にいた会社に入った理由を聞くとか!
小川
もう、やめて(笑)
単純に好奇心に任せて質問してしまっていたんです・・・
平島
でも、自分が質問したこと対して納得できなければ、その場で「うーん」と考えて、さらに質問をしていたのはすごいなと思っていたよ。突き詰める人なんだなって。
小川
平島さんも第一印象とは全然違かったよ。クールそうな雰囲気があるのに、実際に話してみると、全然で(笑)テキパキしてそうで、掴み所がなかったり。ホンワカしてるよね。

ー入社半年で、2人とも同じ時期に今の事業のリーダーを任されました。いきなり事業リーダーになったときはどう思いましたか?

平島
テンポスジョブのサイト運営ってどんな仕事をするのか見当もつかなかったので、実は最初はとても異動が嫌でした。私を頼ってきてくれるお客様も少しずつ増えてきた時期だったし、大きな物件契約の案件が動き始めていた時だったので。
小川
え!?そうなの・・・!?
知らなかった。実際異動してからはどうだった?
平島
最初の頃は、インターネットの知識がなさすぎて、「話しの分かる人に変わってくれませんか?」と、業者の方に言われるほど、自分でも何をやっているかちんぷんかんぷん。だから、外部のセミナーを受けたり、本を読んだり、必死に勉強してた。
小川さんは、覆面調査事業のリーダーの話しを聞いた時はどう思ったの?
小川
最初は実感がなくて「正直事業リーダーといっても、会長(上司)から言われたことを実行していけばいいのかな」ぐらいに思ってた。でも、実際は全部自分!競合他社の調査から、仕組み作り、営業用のチラシ作り、飲食店への営業、覆面調査の募集からマニュアル作り等、やることが多すぎて、毎日が一瞬で過ぎてたな~。
平島
営業では身につけられないような、サービスの企画立案とか、貴重な経験をさせてもらっているよね。

ー今は、事業リーダーをしていて、いかがですか?

平島
仕事を続けていると、飲食店のオーナーさんには少しでも価格を抑えてスタッフを採用してもらいたいなという気持ち、サイトの機能をもっと増やしたいなという気持ち等、アレもやりたいコレもやりたいというのがどんどん出てきます。でも、その全てが出来るわけではなく・・・会社の事業の一つとしてテンポスジョブに取り組んでいるので、自分のやりたいことが、会社の求める方向に沿っているか、事業として利益を出していけるかなどを考えるようになりました。
小川
そうですよね、私も、利益はかなり意識するようになりました。
平島
そういえば、覆面調査の調査シートは、どうやって作ったの?
小川
大手5社の競合会社の覆面調査を実際に自分が受けてみて、どんな流れなのか、どんな覆面調査シートを使っているかをまずは調べました。あと、友達のツテをたどって、覆面調査会社の営業マンの人から話しを聞いたりしながら、良いところを寄せ集めて、最初は何とかスタートしたという感じでしたね。
平島
実際に、営業マンの方から話しを聞いてみてどうだった?
小川
「すごすぎる」と思いましたね(笑)。覆面調査の営業活動をしなくても調査依頼が入る実績やノウハウを積み上げてきた競合他社に、テンポショッパー(覆面調査)は勝てるのかなという、不安に気持ちになってしまって。
平島
わかります!私も競合と比較して、不安になるときありますもん。
そんな中、覆面調査をスタートして、どうだったの?
小川
最初の頃はうまくいかないことが多かったので、関東に10店舗以上あるテンポスの各店をまわり、各店の店長や社員たちに「どうすれば、覆面調査の調査依頼が入るでしょうか、事業として成り立つでしょうか」と毎日聞いて回りました。アドバイスをたくさんもらいましたね。でも、周囲の意見にとらわれすぎて、逆に仕組みを複雑にしてしまい、利用者にとってわかり辛いものを作ってしまった事もありました。
平島
苦労して情報収集したのに、逆にわかり辛いものを作ってしまったんだね・・・。
小川
それがあってからは、アドバイスを受けたら、事業として何が適切かを、いろんな視点から考えるようになりました。上手くいく事も、上手くいかない事も、全て自分の判断や行動に責任がある、それが事業リーダーなんだなと。

ー最近、仕事で嬉しかったことはありますか?

平島
老舗の業界雑誌「飲食店経営」に、テンポスジョブの事業リーダーとして私のインタビュー記事が載った時ですね!手元に雑誌が届いた時、なんか、こう、「ウワーっ」て、喜びが溢れてきて、諦めずに、頑張ってきてほんとに良かったなって思いました。
小川
私はお客様から「小川さん変わったよね。仕事も早いし、いろんな情報を教えてくれるようになったよね」と言われたことですね。覆面調査サービスがスタートした時は私の説明が拙く、そのお客様から何度も怒られました。今となっては、お客様の店舗が増えると、必ずそのお店もテンポショッパーを導入してくれているんです。
平島
それ、すごく嬉しいね!
そういえば、12月に自転車で旅をしたって本当?
小川
東京から山梨まで自転車で旅行をしたんだよ~、160キロ!
平島
すごい、何時間ぐらい!?
小川
朝5時に出発して、夜10時まで乗っていたから、片道16時間(笑)
平島
30分乗っただけでも、足ガクガクするのに
小川
次の日の筋肉痛はやばかったー!!!
平島
何で自転車で行こうと思ったの?
小川
突発的な欲求というか・・・思い立ったらすぐに行動したくなるんです!
平島
何が一番印象に残った?
小川
街灯もない、人も家もいない真っ暗な山道を走っていたんだけど、坂道が辛くて辛くて。「なにやっているんだろ」と心が折れそうになるんだけど、折れたら野宿になるので(笑)。だから、やっと町の光が見えた時は、そのキラキラした景色に感激して泣いちゃいましたね!
平島
すごい!往復36時間!ゴールした時はどう思った?
小川
「突拍子もないことをする」って、すごく良いなと思った。走っている時は苦しいんだけど、途中で見える景色や風景に何度も感動して、自然と涙がでてくる経験ってなかなかないなって。ゴールの会社の看板が見えたときも泣いたしね(笑)!まだ見たことがない景色、ガイドブックにも載っていないような景色をこれからも見ていきたいな~。

ー最後に、今後の目標を教えてください

平島
飲食店の仕事を探すなら「テンポスジョブ」と言われるように、また飲食店側にとっても、人材採用なら「テンポスジョブ」と言われるように、もっともっと認知度をあげたい、リピートしてもらいたいです。飲食業界は慢性的な人手不足なので、飲食店さんの採用のコスト削減に少しでも役に立つサービスを作っていきたいです。
小川
今までは顧客満足を調査をするサービスでしたが、今、新しい企画を進めているんです。それを早く軌道に乗せたいですね。あとは、突拍子もないことをしていきたいです。飲食店さんが驚くような、良いサービスを自分自身の手で作っていきたいですね!
TALK 対談

対談一覧に戻る>>

RETURN TO TOP
フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。