TALK 対談

飲食店のプロデュース、その裏で成長する新卒社員の軌跡

TALK 対談

飲食店向け業務用品店のテンポス川崎店。入社7年目の店長と新卒2年目の新卒社員に話を伺いました。

ーお互いの印象を教えてください。

渋谷
店長は、普段クールであんまり話さない人なのかなって思ってたんですが、全然違いました。とっても面倒見が良くて、いつも「店長、店長」って頼ってしまってます。すみません(笑)
水嶋
優しい?(笑)
渋谷
優しいですねー。最後まで見届けてくれます。
水嶋
逆にシブ(渋谷)の印象は、真面目。店の中で一番店の為に動いてくれていると思う。
渋谷
え~・・・そんな事思っていただいてるとは。有難うございます。
水嶋
シブの最初の印象はあんまり無いんだよなー。新卒の配属決定会で初めて会ったと思うんだけど。(テンポスは新卒社員の最初の配属先を「配属決定会」で決定します。各地の営業所の責任者と新卒一同が集まります。各地の責任者が1分でアピールタイムを行った後、その部署に行きたい!と思う新卒が「宜しくお願いします!」と立ち上がり、その場で責任者が指名するというもの)複数人候補者がいた中でなんで渋谷を選んだかっていうと、最初に立ったからだね。そのまっすぐさで即決。俺、選んだの早かったでしょ?
渋谷
確かに。早かったです。

ー渋谷さんの仕事ぶりはどうですか?

水嶋
とっても真面目で一生懸命だし、店のことをとても考えてくれてるんだけど、小さいミスが多いかな。俺の若い頃にとても似てるんです。
渋谷
ミス、多いですね・・・メールにファイルを添付し忘れる、とか。
水嶋
指さしチェック、教えたね。ちゃんとやってる?
渋谷
やってますよ!メール送信する前に指さしチェック。両手でやってます(笑)
水嶋
電車が出発する前の駅員さんみたいやね(笑)。そんなに大きいミスも、シブは起こさないし、まぁまだ2年目になったばかりだからこれから、ってところですね。

ー印象に残っているお客さんとのエピソードなどはありますか?
飲食店の経営者は熱くて厳しい、けど褒めるときはめちゃくちゃ褒める!そんなイメージがありますが。

渋谷
確かに熱いお客さん多いですよね。
水嶋
熱いって、どんな?
渋谷
具体例を出すのが難しいんですけど・・・・松岡修造みたいな。
水嶋
何屋さんだよ(笑)
渋谷
中華とか・・?
水嶋
それは声が大きいってことじゃなくて?(笑)
渋谷
納期とか金額とか、連絡がちょっと遅かっただけで怒られたりしますけど、でも納品した後にお店に行ったら沢山チャーハン出してくれたり、餃子サービスしてくれたり(笑)あとは、お客さんで、ずっと担当させてもらってるお客さんがいて。オープンの際に店舗内の厨房一式を担当させてもらったんですけど、オープンした後にマフィン一個だけ、持ってわざわざ持ってきてくれたんですよ。「作ったから」って。そのあとすぐ店長のとこに走っていきましたよね、「店長もらいました!!!」って(笑)
水嶋
あぁ、そうだったね~。
渋谷
そのお客さんは、新しいスタッフが入ったからって言って、紹介しに来てくれたり。
水嶋
本当に良いお客さんだよね~。ネタとしては何かそのお客さんに対して失敗した、とかはないの?(笑)
渋谷
無いですね・・・・
水嶋
つまんなっ。(笑)
渋谷
商品集めが大変だったっていうのはありますけどね。
水嶋
全部中古で揃えて、とか?
渋谷
そうですね。テンポスの他店舗に何回も在庫確認して。そういえばその店舗のオーナーじゃなくてスタッフさんだけでも来てくれたんですよ。新潟に家族で旅行に行ったっていって、お土産持ってきてくれたんです。
水嶋
まじで?オーナーじゃなくて?!
渋谷
はい。でもそのスタッフさんと2回くらいしか面識なくて。なんでかなーって、オーナーさんに報告したら、そのスタッフさんが買ったお土産はオーナーさんに渡すはずのものだったそうなんです。オーナーさんにお土産を渡したら、「俺にやるんだったらテンポスの渋谷さんに渡してやれ」って言って、もらいました。
水嶋
超~良い話じゃん!
渋谷
その時ですね、2回目に来店されたスタッフさんがずっと川崎店の中をぐるぐる回ってて、包丁の場所とか絶対わかるはずなのに包丁の場所どこですか?って聞かれて、教えて包丁の売り場に行って、またぐるぐる回って・・・ちょっと変だったんですよね。それで帰り際にそのお客さんが、「すいません、恥ずかしくて渡せなかったんですけど・・これどうぞ。」って。
水嶋
へえー!告白じゃん!!(笑)それだよ、そういうのだよ。テンポスが目指しているのって。
渋谷
そうですねー。有り難いです。

ープライベートの関わりはどうですか?

水嶋
あまり無いかな?家庭がある従業員も多いしね。
渋谷
配属して1週間経たないうちに歓迎会していただきましたね!
水嶋
バーベキューやったよね。川崎店にバーベキューセットあるし。

ーそれぞれの野望は??

渋谷
そうですね。私が1店舗目をサポートしたお客様が、何店舗も出店していって、10店舗くらいまで展開していくのをずっとサポートしていきたいと思っています。二人三脚で。
水嶋
10店舗くらい展開している繁盛店の、最初の立ち上げから私が携わったんだぞ!と、いうやつだね!?
渋谷
そうですねー!店長はどうですか?
水嶋
まずはエリアマネージャー。あとは渋谷が内装事業部のほうに異動するので、渋谷を引き戻す!「こんな良い店あるんだぞ!」って。どの店が店が良い?って時に、自分のエリアの店を選ばせたい。俺自身が力をつけて、シブを引き戻したい。

ーどんな人に入社してほしいですか?

水嶋
目標を持っている人が良いな。目標を自分で設定できるというか。そうじゃないと、目標のサポートがしてあげられない。なのでシブみたいなタイプはとても教え甲斐がありますね。
渋谷
嬉しいです(照)
水嶋
まぁ、変わった人が多いから、目標さえあれば誰でもOK(笑)
渋谷
変わった人って、ヒロさんですか?
水嶋
そうやねー。なんか、ずっと動いてるよね。自分を追い込むのが好きというか、忙しいのが快感というか。ま、仕事が好きで人の為に尽くすのが好きな社員が多いよね。それでいてロッカーの整理とか、自分の事になると、少しだらしない、とかね。
渋谷
確かに・・・(苦笑)
TALK 対談

対談一覧に戻る>>

RETURN TO TOP
フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。