INTERVIEW『人』を知る

物件・資金

Watanabe Yuugo

渡邉 勇吾

飲食店の開業に欠かせない物件と資金を1人で提案できるようになる

2012年 新卒入社

(株)テンポスフィナンシャルトラスト

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

厨房設計図の作成を依頼されたときです。
1年目の冬、仕事にも慣れてきて商品知識もついてきたときに、厨房図面を引いてほしいと頼まれました。当時はCADといって厨房図面を書くソフトを使ったことがなかったので、先輩社員に教えてもらったり自分で勉強しながら何とか期日までに提出することができました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

テンポスバスターズをはじめ、色々なグループ会社の社員の方々から相談を受けるので、一緒に仕事ができるところが楽しいです。
私の主な仕事が飲食店をオープンしてからの資金を残すために厨房機械の分割支払いを提案する業務です。なので様々な部署の方から依頼を受けます。そこで違う部署の社員の方々と一緒に働けるところが楽しいです。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

就職活動中は様々な企業の説明会や選考に参加していました。テンポスの会社説明会に参加し話を聞いて「この会社は他の会社と違う、働いてみたい。」と思い入社しました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

年齢関係なく若手でもどんどん仕事を任せてもらえるところです。
店舗での在庫管理など発注業務を配属されて2カ月後に任せてもらったり、入社2年目で店長を任せられたりとチャレンジをすることに周囲が応援してくれる会社です。お客様の店作りに1から関われる点がテンポスの仕事のやりがいです。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

1人で不動産・リースクレジットをできるようになります。
現在のテンポスフィナンシャルトラストは不動産部門とリース・クレジット部門を1つにした会社です。業務内容は異なりますがお客様の店作りのお手伝いという点では同じです。
飲食店を開業するのに物件と資金は必ず必要になる2つの必需品を1人で提案できるようになります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

テンポスグループの野球部に所属しています。野球をしたり、大会に出場したり、旅行に行ったりしています。
他の部署の方ですと電話で話したことがあっても実際に会ったことが多いのでそういった直接会って話をする場としても楽しみがあります。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

入社した始めのほうは同期とよく連絡をとっていました。
やり方が分からないときや仕事の悩みは同期の仲間によく相談していましたね。営業の数値の面でも同期に負けないようにと意識していました。私の中での同期は良き相談相手でもありライバルでもあり、同期から刺激をもらい自分のモチベーションにもなっていました。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。