INTERVIEW『人』を知る

厨房プロデュース

Uchida Satoshi

内田 悟

お客様からも業者さんからも「内田さんに仕事をお願いしたい」と依頼が来る営業マンになる

2016年 新卒入社

(株)キッチンテクノ

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

入社1年目の9月にチェーン店のオープンを同時に3件を任されたことです。
当時は、現場の知識が少なく、不安と心配が大きかったです。チェーン店でも厨房のレイアウトや納品する機器は店舗ごとに違います。それぞれの現場にいつまでに電気事行う、水道工事はいつまでに行う、など工事の計画立て、業者の方に依頼をします。通常、1か月に多くても1人の担当が1~2店舗行うのですが、1カ月で3店舗のオープンなので、どの業者の方に何をいつまでに依頼するというスケジュール管理が大変でした。この修正内容はこの現場の○○さんに依頼をして、この修正内容は違う現場の○○さんに依頼をするなど各現場の修正・進行状況を把握して、お客様の納期に間に合うように各業者に依頼することがスムーズにできませんでした。
オープンするまで常にバタバタして、気が休まらなかったです。現場で分からないことは職人の方に聞いたり、キッチンテクノの事務所に戻り、ベテラン社員に聞きました。無事に3店舗オープンできた時はホッとしましたし、やり切った感じがありました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

お客様や業者の方、キッチンテクノの先輩達に頼られたときが1番楽しいです。
入社した当初、お客様に「ここに食器洗浄機を追加したいけど追加できる?」と聞かれても答えられず、先輩社員に確認してからお客様に返答することがほとんどでした。以前よりもお客様に「棚をここに取り付けたいけど追加でつけれる?」など聞かれたことは、その場で答えられるようになりました。
また最近では、別の課の方に「この厨房だったら、どのような機器を入れる?」と相談されたときに、「○○したらどうですか?」と話ができるようになりました。自分の今までの経験から提案できるようになったと、自分の成長を感じられ、また頼りにされていると感じるとき嬉しい瞬間でもあり、楽しいです。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

合同企業説明会で出会った吉川さんという営業マンと一緒に働きたいと思い入社しました。
学内の合同説明会でキッチンテクノのブースに行ったときに話を聞いたのが吉川さんでした。そのときテンポスグループは6職種募集していました。吉川さんはキッチンテクノ以外のグループ会社の話を聞いてから決めると良いとアドバイスをしてくれました。一般的には自分の会社を勧めると思うのですが、私のことを考えて他の企業の話を聞いた方が良いとアドバイスをくれた吉川さんの人柄に惹かれました。
他のグループ会社の話を聞いた後も、吉川さんがどのような営業をするのかと興味を持ち、一緒に働きたいと思いキッチンテクノに入社しました。

―キッチンテクノに入社して良かったと思うところは何ですか?

入社して早い時期から現場に出て学べる機会がたくさんあり、電気・ガスなど様々な専門分野の方と一緒に飲食店を創ることができるところです。
キッチンテクノはメーカーと違い、お客様の要望に合わせて色々なメーカーの機器を提案できます。
お客様から言われた機器を納品して終わりではなく、お客様の要望を聞き、厨房図面を書き、電気工事など設備業者の方と連絡を取り合い、お客様の使いやすい機器を選んで納品します。お客様だけでなく、業者の方とも打ち合わせをしながら1つの飲食店を創る。その仕事を若いうちから経験できるところが、入社して良かったと思うところです。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

お客様からも設備業者の方からも仕事を紹介をしたくなる営業マンになります。
現場に行くとお客様と電気工事など業者の方と打ち合わせをします。お客様からお客様を紹介されるだけでなく、初めて一緒に仕事をする業者の方からも違う現場の厨房担当を依頼されるようになります。
そのために、今はチェーン店の飲食店がメインですが、スーパーマーケットなど違う業種の厨房も挑戦して、幅広く知識を身につけ、提案できるようになります。そして、「内田さんは色々なことを知っているな、別の現場で厨房担当をお願いします」と言われる営業マンになります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

プライベートではキッチンテクノ卓球部に所属しています。先輩から卓球をしようと誘ってもらい、体を動かしたいと思い参加しました。
部署や課に関係なく、8名で集まって練習をしています。休日に練習をするだけではなく、月に1回、市民大会にも出場してます。
仕事のときには話す機会が少ないスタッフとプライベートの話や趣味の話をできるところも楽しいです。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。