INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Taguchi Hiroki

田口 弘毅

店舗の立て直しができるエリアマネージャーになる

2011年 入社

(株)テンポスバスターズ 長崎店 店長

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

店長になりたての頃、部下のミスで注文したエアコンの配送が間に合わず、お客様がお店を開店できなかったことです。
当時は部下のミスを自分のミスとして捉えることができず、クレームから逃げていましたが、お客様から「部下のミスは店長の普段からの行動が悪い」という言葉で、自分の普段からの行動がお店の評判に繋がるのだと反省しました。
その後、そのお客様には本当に申し訳ないという気持ちを何度も通って伝え、許して頂けることになりました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

スタッフへのトレーニングや勉強会をしているときです。
同じ商品の勉強会でも、スタッフの経験によって理解度も違うため、全員へ同じ説明をしても伝わらないことがあります。
そのため、ベテランの社員にはプラスアルファの知識を入れたり、若手には基本的な内容をいれるなど社員やパートさんのレベルに合わせた教え方を準備して、工夫しています。その中で、トレーニングした内容が(例えば新商品のオーブンなどが)販売に繋がった時、教えた甲斐があったと嬉しくなります。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

飲食店を裏から支えられる仕事という点に魅力を感じたからです。
学生時代、食べ物に関わる勉強をしていたことと飲食店のアルバイトをしていたことから、何か飲食に関わる仕事をしたいと考えていました。その中でテンポスは他社にはない飲食店を裏から支えられる仕事だったので入社を決めました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

若いうち(入社2年目)から店長になり、普通の会社ならできないたくさんの経験ができるところです。
例えば、自分のお店がどうすれば成果が出るか、スタッフを巻き込みながらどうやって目標達成まで持っていけるかを毎日考えられるようになりました。
若い人でもやる気さえあれば、仕事を任せてもらえるテンポスの社風のおかげで、貴重な経験をしています。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

複数の店舗をみるマネジャーになります。長崎店を立て直して利益が出る店舗にします!
それができればその後のキャリアとしては複数の店舗を見られるエリアマネージャーになります。
また、ゆくゆくは商品部での厨房機器の開発や仕入れにも携わってみたいです。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

休みの日に先輩や他店の後輩と遊びに行くことはよくあります。
地方への旅行もたまに行くので、旅行先のテンポスのお店に寄って、仕事中の電話でしか話したことのない社員と会うことが楽しみです。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

不動産部を担当していた同期と、それぞれのお客様の紹介をしながら仕事をしてました。
同期が中華屋をこれからオープンするお客様の物件の担当をしていて、そのお客様の厨房や家具は私が担当したことがあります。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。