INTERVIEW『人』を知る

企画

Shirai Miho

白井 美帆

売上No.1の新サービスを創る

2018年 新卒入社

(株)テンポスフードプレイス

WEBデザイン・サービス事業部。一歩目クーポンサイトとWEB事業の中心メンバー。一歩目クーポンサイトの運営だけでなく、自社の新卒採用HPリニューアル業務に抜擢される。

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

テンポスドットコムに所属している際に初めてお重の掲載データを作成していたときです。
パートさんに仕事を振り分けたので、あとでデータをまとめやすいようにデータを1から作成するのが大変でした。
またexcelでデータを作成するときに、些細なデータのズレで値段が変わってしまうので慎重にチェックをする作業が辛かったです。しかし現在でも膨大な顧客データを扱う上で慎重にデータ作成をするので、経験が着実に生かされています!

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

今までやってきたtoB向けではなくtoC向けで、WEB広告だけで集客をしようと様々な手を打っていくときです。
もちろん自分でもどのような手段があるのか調べますが、外部の詳しい方からお話を伺うときが一番楽しいです。
あの企業はこんなことをしているんだ!という新しい発見が出来るので非常に勉強になります。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

元々大学で映像関連の勉強をしていたので、WEBマーケティングに応用出来ないかと考えて就職活動をしていました。
他にも企業を見て回ったのですが、自分がやりたいことを真剣に聞いてくれる、「やってみよう!」と言ってくれる環境だったのがテンポスでした。
実際に映像を作ってホームページにも載せています。他にも挑戦したいことがたくさんあります!

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

「やってみたいことは何?」と上司から聞いてくれる環境があることです。
正直1年目は指示を忠実に実行して能力をつけるだけではないかと思っていましたが、すぐに最前線で売上を伸ばすにはどうしたらよいかということを考え発表する機会がとても多く考えをすぐに反映出来るところが良いです。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

チーム全体を巻き込んで、自分が考えた新しいWEBサービスの事業でテンポスフードプレイスで1番の利益を出したいです。
現在は詳しい先輩や上司に助けてもらいながら出来ることをひとつずつクリアしている状況ですが、自分で考えて手続きや手段を実行できるようになります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

お昼ご飯を一緒に食べに行って仕事とは関係のない話をしたり、仕事終わりに近場で飲みに行ったりします。
今まであまり飲みに行ったことがなかったのですが、蒲田は飲食店が多い街なので飲みに行く場所にも困らなくてとても楽しいです。
また飲食店のトレンドも知ることが出来て仕事にも活かせます。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

同期の梶音さんと一緒にチームになって新規事業の企画運営をしており、毎日隣同士でああでもないこうでもないと悩みながら仕事をしています。相談相手がすぐ近くにいる環境がとても有り難いです。
もちろん一緒にご飯を食べに行ったりする機会が多いですし、家に泊まりに行ったりと仕事以外でも楽しんでいます!

一日の流れ

8:50 朝礼
9:00 出勤
9:00 外注先からのメールチェック、チーム内への指示出し
10:00 新規事業に関する取引先との商談
12:00 商談で決定したことをまとめる・反映の作業をする
13:00 お昼休憩
14:00 WEB広告のデータ集計、問題点を出し改良・修正
16:00~18:00 テンポスフードプレイスの事業共有ミーティング

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。