INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Sebata Ryousuke

瀬畑 亮介

瀬畑ファンを増やして売上を今の2倍にする

2018年 新卒入社

(株)テンポスバスターズ 広島西店

テンポス広島西店所属。広島西店では売上トップの成績を持つ。これからの広島西店を引っ張る期待の新人。普段、飲食店へ食事に行くと「テンポスの食器を使っている」と気がづくほど仕事熱心。

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

入社当初はお客様からの質問に答えられず、覚えることばかりで毎日必死でした。正直、自分には向いてないかもしれないとマイナスな事を考えこと時期もありました。
しかし周りの先輩社員や同期、親や友人と職場の話をすると「まだまだ自分はできる、頑張ろう!」とやる気が出てきました。
自分の周りにたくさん話を聞いてくれる人がいることが大切だと学びました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

お客様に商品を提案しているときです。
お好み焼き屋をオープンするお客様がいました。内装から私が担当して、お好み焼きの鉄板など機械類を提案したり、食器調理道具もご購入いただきました。私たちはとても多くの商品を扱っています。日々自分の知らない商品との出会いがあります。製品の仕組みだったり、使い方だったり、常に勉強です。
ですが、お客様の問い合わせに対して、要望通りの提案、又要望以上の提案ができた時にお客様からお礼を言われると、とてもやりがいに繋がります。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

大学生時代、和食の飲食店でアルバイトをしていました。
アルバイトではホールの仕事だけでなくキッチンの仕事も任され、自分で調理した料理をお客様に提供するという面白さを学びました。そこの店長や先輩に色々な美味しいお店を紹介してもらったり、連れて行ってもらい、さらに飲食店が大好きになりました。
飲食に関わる仕事をしたい、飲食店で学んだことを活かして飲食店をサポートする側で飲食店の力になりたいと思い、テンポスバスターズに入社しました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

初めて食事に行ったお店で使っている食器やグラスでテンポスのお客様だとわかるときが嬉しいです。
食事に行くうちに、そのお店の店長さんに飲食店に食事に行ったとき、私がテンポスで働いていると言うと、「いつもお世話になってるよ」、「今度買い物行くね」と言ってもらえるのは、もっと嬉しいです。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

「瀬畑くん!どうも!」と来店されるお客様に名前で呼ばれて声をかけてもらえるような、お客様との名前で言い合える営業マンになりたいです。そして、1年目の最高が290万円だった粗利を2年目で500万円達成します!

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

広島はお好み焼き屋さんがたくさんあります。その中でもテンポスのお客様である是政様とよく食事に行きます。
先輩たちは美味しいお店をたくさん知っているので、飲食店をたくさん知ることができます。
職場には人生の大先輩ばかりで様々なことを教わっています。

一日の流れ

9:00 出社
店内掃除、売り場整頓、開店作業
9:40 朝礼
9:50 接客、搬入
12:00 昼食
13:00 接客、搬入
18:45 閉店準備
19:00 閉店作業
19:30 退社

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。