INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Sakaguchi Kyouhei

坂口 京平

坂口店長が上司になってくれたら、、とスタッフからの信頼が厚い店長になる

2016年 新卒入社

(株)テンポスバスターズ 足立厨房センター 店長

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

入社1年目の時に海外出店のお客様を担当した時です。
入社して間もなく、何も分からず新店のオープンを初めて担当しました。お客様が求めている機器とは別の機器を提案してしまったり、何度も迷惑をかけ、怒られることがありました。お客様の納期に間に合う新品の機器をメーカーに問い合わせをしたり、予算に合わせた中古品を全国のテンポスの店舗に在庫がないか確認をしました。
お客様が作る料理にどのような機器を提案したら良いか先輩社員に教わりながら、毎日お客様と連絡を取り合いました。お店がオープンし、お客様からも「次も頼むね」と言われた時、テンポスの仕事をやってて良かったなと思い、もっとお客様の役に立ちたいと思うようになりました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

新規オープンを考えているお客様に対して一緒に一からお店作りをしていくときです。
お客様から「この機器じゃなくて、違う機器が良い」など私の提案を駄目と言われることもありますが、最後にはお店が無事にオープンでき、笑顔でお店に立たれているお客様を見たとき、頑張って良かったと思えます。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

飲食店の総合プロデュースという言葉に惹かれたからです。
はじめはテンポスバスターズという会社がどのような会社か全く知らずに会社説明会に参加しました。どんな仕事をするのだろうかと色々調べているうちに、飲食店の総合プロデュースという言葉に魅力を感じ入社を決めました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

挑戦できることです。今、私は店長を目指して、店長育成プログラムを受けています。
自ら手を挙げて挑戦しています。また自分が頑張れば頑張った分だけ結果として、売上があがり、成果がついてくるところもやりがいに繋がっています。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

「坂口店長が自分の店の店長になってほしい」と他の店舗のスタッフから言われる店長になります。
私は3年間新宿店で営業マンをしてきました。その中で後輩が8名でき、商品知識や現場でどのようなところをチェックしないといけないかなど教えてきました。自分の売上だけでなく店舗全体の売上がどうなっているのかなどにも目を向けられるようになりました。
これからは店長になり、新宿店ではない店舗で店長としての力をつけます。そして3年後には新宿店のスタッフに「店長として新宿店に戻ってきてほしい」と言われるようにような店長になります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

先輩、後輩関係なく、BBQや流行中のVR体験、脱出ゲームなどをして休日を満喫しています。
時には休みを合わせて旅行に行ったりする仲です。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

同期と新宿店で働いています。一緒に仕事をしている中で、お互いに助け合いながら日々の業務に取り組んでいます。
例えば、同期が休みのときに、同期のお客様が来店される場合は私に引き継ぎをします。
また、私が忙しいときに食器や調理道具のお客様の対応をお願いするなど信頼できる同期だからこそ頼むことができます。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。