INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Nakagawa Koujiro

中川 宏二郎

楽しい時と厳しい時のメリハリをつけられる店長になる

2018年 新卒入社

(株)テンポスバスターズ 名古屋西店

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

お客様から「大事なことはもっと早くに言ってくれ」と叱られたことです。
テンポスは前金制です。お客様に代金をいただいてから、メーカーに発注します。私はお客様に先にお金をいただいてから注文すると伝えておらず、お客様を怒らせてしまいました。最終的には店長からアドバイスをいただき、解決しました。その時はお客様がとても怒ってしまい、その場から逃げ出したくなるほど辛かったです。
それ以降は同じことを起こさないようにお金を先にいただいてから注文するなど、お客様に伝えなければいけないことは早めに伝えています。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

「中川さん」とお客様から名前で呼ばれたときです。
お客様に丁寧に接客でき、お客様のお会計が終わった後、お客様からじっと顔や名札を見られて、「中川さんね」とお客様に言われました。
そのお客様が後日来店された時に、「中川さんいる?」と名前で呼ばれたときに信頼されていると感じます。「お客様のお役に立てたのだな」と実感できる瞬間で、自信になりました。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

入社しようとしたきっかけは人事担当の人柄に魅力を感じたからです。
最初は商社を中心に就職活動をしていました。その中で商社のカテゴリーに含まれていたテンポスのマイナビイベントのブースに立ち寄りました。
話を聞いたところ人事のハキハキ話しているところに魅力を感じ、最終的にはテンポスの人達の働いている姿勢に惹かれました。さらに仕事の内容を聞いて、色々できて楽しそう・面白そうと思い、入社しました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

私が「やってみよう」と思ったことに取り組めるところです。
今までは、やったことないことに対して挑戦しませんでした。「とりあえずやってみよう」と挑戦する機会があるのがテンポスです。挑戦する機会が増えたので前よりも度胸がつきました。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

楽しむときは楽しく、厳しいときは厳しいとメリハリをつけられる店長になります。
今の私の上司である名古屋西店の赤名店長は、配属決定会のときに楽しんで仕事をすると話をしていました。楽しいというのはただ、わいわい楽しいという訳ではありません。
注意するときは注意しますし、大きな失敗をしてしまったときは店長自身の失敗談を話して、「いつまでもくよくよするな」と励ましてくれます。赤名店長のように仕事は楽しく、きちんとするときはきちんとする店長になります。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。