INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Mori Kazuki

森 一樹

お客様の飲食店を繁盛店へ導く店長になる

2010年 新卒入社

(株)テンポスバスターズ 大阪都島店 店長

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

テンポスの店舗が新しく大阪に出店したときです。
テンポスの店舗のオープンに携わることは貴重な経験ができると思い、店長に立候補しました。店舗をオープンするまで大変でしたが、店舗がオープンした後も、お客様が購入しやすい売り場になるように、食器や調理道具の売り場を変更しました。お客様から「売り場が見やすくなったね」と言われたとき、やりがいを感じます。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

「森さん、次もよろしくね」とお客様から仕事を頼まれることが1番楽しく、嬉しいときです。
仕事をお客様から何度も頼まれるということは私を信頼していただいているということです。別の店舗に異動になった後でも、「森さんにお願いしたい」と言って来店していただいたときはとても嬉しかったです。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

飲食店を支援する会社と聞いて、スケールの大きい仕事ができると思ったからです。
会社説明会でテンポスを知ったのがきっかけでした。選考に進み、飲食店を創るという仕事内容に興味を持つようになりました。他の会社ではできないことが経験できると思い、入社しました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

「自分がやりたい、こうなりたい」と思ったことを挑戦できるという点です。
店舗の店長になり、たくさんのお客様と関わり役に立ちたいと思い、店長に立候補しました。店長になるために上司からノウハウを学び、同僚や後輩に応援してもらい、店長になれるようにたくさんサポートしていただきました。挑戦できる環境と良い仲間に恵まれました。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

飲食店がオープンするまでのサポートだけではなく、飲食店をオープンした後もサポートをできるようになります。
私が携わったお客様のお店が繁盛店になるように、お客様の悩みに合わせて、サービスを提案できるようになり、「森さんに頼めば繁盛店になる」とお客様から頼りにされるようになります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

自分の店舗のスタッフだけではなく、他店のスタッフ同士でも会社が終わった後にご飯に行くことがあります。
新入社員が入社する4月や12月の忘年会は関西エリア合同で行い、多いときは50名近く集まることもあり、とても楽しいです。自店だけでなく他店との交流も多いですね。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。