INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Miyazawa Kaori

宮澤 香織

お客様にとって買いやすい売り場を全てのスタッフが作れるようになる仕組みづくりをする

2009年 新卒入社

(株)テンポスバスターズ 商品部

商品部:食器・調理道具・家具・厨房機器などの新しい商品の導入や価格改定、売り場環境を整えるなどお客様が買いやすい店舗にするために、またより安く良い商品をお客様に提供できるように価格の改定やメーカーの開拓を行う部署。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

食器や調理道具の売場を改装をしているときが楽しく、やりがいがあります。
どの商品がどれくらい売上があがっているか、売上数値を分析したり、テンポスのお客様の客層を分析します。どのように商品を陳列したらお客様が見やすいか、買いやすいか、お客様の立場に立って、店内を改装しています。ホームセンターなどを見て、いいなと思った部分を取り入れています。
例えば、今までは値札をエクセルで作成していたので、値札に写真を入れることができませんでした。イラストレーターで値札を作成することで、写真を入れたり、文字の加工ができ、今まで以上に見やすい値札の作成ができるようになりました。
来店してくださったお客様に「前より見やすくなったね」と言ってもらえるとすごく嬉しいです。商品部とお店のスタッフとが一丸となって取り組んでいます。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

飲食店のお客様に感謝される仕事、お客様の夢のお手伝いをする仕事が素敵で、私もやってみたいと思ったからです。
将来自分が何をやりたいかを考えたときに、毎日パソコンの前に座って、事務作業を行う仕事はつまらないですし、何か人とは違うことをやってみたいと思いました。そんな時に、就活サイトでテンポスを見つけました。大学生のときに千葉にある飲食店でオープニングメンバーとして一から飲食店の立ち上げや宣伝に携わっていたことがありました。そのアルバイトで飲食店の立ち上げを行っていた経験から、飲食店を応援する仕事という初めて聞く職業に、とても興味が湧いたのがきっかけです。
会社説明会で人材事業部 福澤さんが自分がオープンをお手伝いしたお客様のお店に、両親と一緒にご飯を食べに行った時、両親の前で「福澤さんのおかげでこんなに良いお店を作ることができました。本当に感謝しています。」とお客様から言われたのがすごく嬉しかった、という話を今でも覚えています。
内定後、テンポス川崎店で研修をした際に、実際にお客様に食器を提案するなど「自分がこの会社に入ったらこんなことをするんだな」というのが体験出来たので、それも入社の決め手の1つです。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

普段何気なく行っていた飲食店も、「どこの会社が経営しているんだろう、厨房はどうなっているんだろう」など料理以外の楽しみ方が出来るようになりました。
ネットで見つけた居酒屋やふらっと入ったカフェにテンポスの食器やお箸などが使われているとすごく嬉しいです。
テンポス幕張店で働いていた頃に頻繁に買い物に来てくださっていた居酒屋やラーメン屋が今でも変わらず営業していたり、お客様のお店へ食事に行くと「久しぶり!元気だった?」と声を掛けてもらえるほど、飲食店のお客様と仲良くできるようになったのもテンポスに入ったおかげです。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

テンポスの食器や調理道具を販売する新しい店舗作りや売場改装を通して、テンポスの売場の仕組みやマニュアルを作ることができるようになります。マニュアルがあると、売り場を作る知識がなくても、マニュアルを見て売場改装ができるからです。
マニュアルを作成し、誰でも売場が作れるようになり、お客様の探している商品が見つかりやすい売り場を作ります。そして各エリアに私が今行っているテンポスの売場改装の仕事と同じことが出来る人を1人ずつ育てていきます。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

同期とは年1回、東京に集まったときに飲み会をしています。
1期下の後輩グループとも仲良くさせてもらっているので、去年は同期と後輩みんなでバーベキューをしに行きました。
勤務地が関東、東海、関西とバラバラなので、出張に行った日の夜はその地域の同期とご飯に行きます。女子だけで温泉旅行に行ったり、ホテルやバルでちょっとリッチな女子会をしたりします。
冬になると定期的にスノボ・スキー部が開催されるのですが、一昨年と今年はそれにも参加しました。先輩から入社1年目の後輩まで来るので、ふだんあまり話しが出来ないスタッフとも仲良くなり、とても楽しいです。
最近は野球にはまっているので、シーズン中には同じチームが好きな後輩と野球観戦に行きます。みんな仲が良くて、仕事を離れると友達みたいな関係でいられるので、一緒にいると、とても楽しいです。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。