INTERVIEW『人』を知る

飲食店プロデュース

Matsumoto Suguru

松本 英

「安心して仕事が頼める」とお客様からもスタッフからも言われる店長になる

2018年 新卒入社

(株)テンポスバスターズ 立川店

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

シンクの発注を忘れてしまった時です。当初、発注してないことにも気づいておらず、お客様から電話があり、その時初めて発注していないことに気づきました。お客様のところまでシンクを先輩と一緒に届け、謝罪をしました。
一つのミスでお客様にも先輩にも迷惑をかけてしまいました。
またシンクが他店舗にしかなかったので、それを取りに行くことで他店舗の人にも迷惑をかけました。
大きなミスだったのでひどく落ち込みました。次に同じミスをしないように、店長と話し合って、発注から納品までの一連の流れを再度確認しました。同じことが起きないよう、立川店での発注の統一したルールを決めました。それからは1度も発注漏れはなくなりました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

これからお店をオープンしたいお客様と、どこにどの棚をつけるか、厨房のレイアウトの話をしている時やどのような食器を使ったら料理が綺麗に見えるかなど、一緒にお店を創る話をしているときが楽しいです。
お店の種類やお客様の好みによって、厨房のレイアウトが異なり、必要な商品も変わります。そのため、それぞれのお客様のお話を聞きながらお店の完成までをお手伝いしている時はとても充実感があって楽しいです。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

学生時代の経験を活かせると思ったからです。
学生時代にチェーンの居酒屋でアルバイトをしていました。就活の時に大学で行われたセミナーでテンポスの話を聞きました。話を聞いたら、居酒屋で働いていた経験が活かせる仕事内容だと思いました。
また、お店が出来るまでのサポートが出来るという今までにはない経験が出来ると思い選びました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

お客様の新店のオープンに携われることが何より嬉しいです。
街を歩いていて、私が携わったお店が営業しているのを見た時は、次はもっと頑張ろうと思えます。友人と食事に行ったとき、テンポスで取り扱っている食器を使っていると、とても嬉しく、入社して良かったと思います。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

「松本店長がいると安心して仕事を頼める」とお客様からもスタッフからも言われる店長になります。
まずはお客様から私の名前を呼ばれるようになります。そしていつも来店されるお客様だけでなく、初めて店舗に来店されたお客様にも、頼りになって自分に任せたいと思われる店長になります。
スタッフからは松本店長が店舗にいてお店を守っているから、スタッフが休みの時でもお客様を安心して任せられると頼りにされる店長になります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

立川店では、仕事帰りに飲みに行くことがたくさんあります。お客様のお店に行くことが多いです。
また年に1度、近くの昭和記念公園で花火大会があり、それを店舗の屋上から皆で見ながら、お酒を飲んだり、パートさんや社員のお手製の料理を食べたりします。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

同期には、仕事の悩みを相談することがあります。
例えば、お客様にテンポスのサービスを紹介しても成約に繋がらないという悩みを相談しました。同期が「○○と合わせて提案したら、成約できたよ」と教えてくれました。
中々他店舗のことは聞く機会が少ないので、同期に話を聞いて、自分の店舗で試行錯誤しています。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。