INTERVIEW『人』を知る

人材支援

Kondou yuuya

近藤 裕也

業界シェアNo.1の人材紹介事業を創る

2018年 新卒入社

(株)ディースパーク

人材紹介事業部に所属。1年目で新規事業である新卒紹介事業の立ち上げを任され、日々奮闘中。”1000名の学生と100企業をつなぐ”ことが目標。

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

人材紹介サービスの営業で企業を訪問した時担当者の方に、「そんなトークじゃ君から買いたいと思わないよ」と言われてしまい、とてもへこみました。
しかし、お客様の厳しい声をアドバイスと捉えることで、自分のトークのたどたどしい部分や、伝えきれていない内容を知ることができました。話の組み立て方を意識し、トークの練習をしました。
また、お客様によく聞かれることをメモし、別のお客様に同じことを聞かれたときに答えられるように練習しました。お客様から質問されたとき、お客様が納得してもらえることが増えました。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

学生さんに就活支援のセミナーの案内を電話で行っているのですが、最初は全く興味を示してくれませんでした。
実際に面接の練習ができる、エントリーシートの添削をするなど、学生さんが喜ぶのはどんなことなんだろうと考えながら少しずつしゃべる内容を変えてみました。
また、声のトーンを明るくしてみたり工夫を続けることで、1人2人と参加してくださる学生さんが増えていきました。工夫の成果が出たとき、楽しいし何より嬉しいです。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

自分にしかできない仕事ができると感じたからです。
テンポスでは、飲食店の開業支援から経営サポート、社員の紹介まで飲食店に関わる事なら何でもできます。テンポスを知ったときは、そんな会社があるんだ!という驚きと、自分にしかできない繁盛店支援をやりたいという気持ちがあり入社を決めました。

―テンポスに入社して良かったと思うところは何ですか?

1人ひとりにチャンスが与えられているところが良いところだと感じます。
例えば1年目でも新規事業に参加できたり、2年目なのに店長ができたり、自分の頑張りや想いは評価されます。
実際に私も新卒の人材紹介という新規事業に携われていてとても貴重な経験をしていると感じます。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

飲食業界向けの新卒の人材紹介事業で責任者として部下を持ち、1000人以上の学生さんに自社の就活支援セミナーに参加してもらいたいです。
100人以上の学生さんを企業に紹介できる事業へと成長させます。
飲食業界での人材紹介シェアナンバーワンを目指します。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

テンポスグループにいる人は、食べることが好きだったり、外食が好きな人が多いので仕事終わりに先輩や同期とお店を探して飲みに行くことが多いです。
テンポスは縦のつながりも横のつながりも強いので、部署を越えて先輩と飲みに行ったりすることもよくあります。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

以前の部署には自分も含めて同期が4人いたので、一緒に企業に対する電話掛けや訪問営業を行っていました。
お互いにライバルとして競い合う部分もありましたが、トークがうまくできないときにアドバイスを行ったり、相談がしやすく心の支えになり、同期の存在がとても大切だと感じました。

一日の流れ

7:00 起床
9:30 出社
9:45 清掃
10:00 朝礼
10:10 業務開始・書類作成・資料作成
11:00 学生への電話掛け
14:00 学生への電話掛け
16:00 法人営業
18:00 帰社・営業内容まとめ、メール送信、日報作成
19:30 退社

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。