INTERVIEW『人』を知る

経営支援

Kobayashi Kazuki

小林 一貴

お客様から信頼される店舗プロデューサーになる

2015年 新卒入社

(株)テンポス情報館

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

「辛い」という出来事はありません。むしろ「悔しい」と思うことが多いです。
去年のことですが、展示会で知り合ったお客様にレジの見積書を作成しメールで送りました。メールを送った後、お客様に連絡することが遅くなり、お客様から「他のメーカーで購入したよ」と言われてしまいました。
私が遅かったためにお客様を満足させることができず、お客様が他社と契約を結んだときに悔しいと感じます。その悔しさがあるので何を尋ねられてもプロとして対応できるように商談案件ごとに、どのような質問をされるか考え、それが答えられるようにするなど事前準備や提案内容をほぼ完璧にして挑んでいます。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

お客様にどのように提案するか、提案を準備しているときが楽しいです。
最近は個人の店舗のお客様よりもチェーン展開・FC展開をしている企業のお客様と仕事をすることがほとんどです。単純に商品の販売ではなく、「導入をしたことでどのような効果が見込まれるか、結果が生まれるか」という点を調査をし、準備するのが楽しいです。
提案した後、成約してお客様が増えていくことでやりがいを感じられます。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

業界の変化が激しい飲食に携わる仕事をしたかったという点でテンポスを選びました。
学生時代の飲食店でのアルバイトがきっかけです。 アルバイトで店長やマネージャーと私で、この曜日にキッチンに2名のスタッフがいたら良いよねなど、現場のオペレーションをスムーズにするために経営者目線で会話をしているうちに興味を持ちました。 

―テンポス情報館に入社して良かったと思うところは何ですか?

先輩や上司の方々、働く環境に恵まれ、入社して良かったと思います。先輩社員と競合他社がたくさんいるお客様の案件がありました。
その案件を1人で提案したいと私が言ったところ、1人で営業に行くチャンスをいただきました。自分のチャレンジしたいことに対して背中を押してくれるため、とても働きやすいです。
「できない・無理・ダメ」という言葉よりも「やってみる・それでもだめなら別の方法で試してみる・結果良ければすべて良し」諦めないことで成功に繋がると感じられる職場です。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

「POSレジの販売員」ではなく「企業・店舗のプロデューサー」になります。
飲食店の数値を把握し、経営に携わる気持ちでお客様と向き合い、お客様と本音で会話ができるようになる、信頼される、頼りにされる存在になります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

仕事終わりに先輩、上司と話題の飲食店へ調査・情報収集をしに飲食店によく行くことがあります。
例えば、チェーン店の居酒屋に飲みに行くときにどのようなレジが入っているか、情報館のレジを導入するためにどのように提案するかなど飲みに行きながらも、居酒屋がお客様になってしまうことがあります。年に数回、スポッチャ・ボーリング・カラオケ・年1回の社員旅行のイベントがあります。
仕事もプライベートも飲食にアンテナを張っている方々ばかりです。

―同期と一緒に仕事をしたエピソードを教えてください。

グループ会社はそれぞれ同期がいて仕事をすることが多いです。
テンポスバスターズ・キッチンテクノ・スタジオテンポスは新しく飲食店をおオープンしたいお客様の紹介、プロフィットラボラトリー・テンポスドットコム・テンポスフィナンシャルトラストは新しく飲食店をオープンしたいお客様だけでなく、今も飲食店を営業しているお客様の紹介で一緒に仕事をすることがあります。お客様を紹介し合うことで仕事の幅は大きく広がります。
食器を販売している店舗の新宿店のお客様で、物件はフィナンシャルトラスト、 内装工事はスタジオテンポス、レジは情報館という居酒屋さんがありました。オープンのときは各担当者全員でお店に食べに行くなど交流も深まりました。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。