INTERVIEW『人』を知る

集客・販促

Hiraoka Mion

平岡 美音

女性プランナーとして目標となる部長になる

2016年 新卒入社

(株)プロフィット・ラボラトリー

―今まで1番辛かった出来事は何ですか?

新規事業「救急幹事」「社飲み.com」が約1年で撤退となってしまった時です。
「プロフィット・ラボラトリーの「満席FAX」に並ぶもう一つの柱を作るぞ」と思って毎日働いていました。1年目の時以上に頭を使っていたので、愛着もあった分、撤退となった時は1番辛い時でした。何より、少数でも「救急幹事」や「社飲み.com」を良いと思ってくれている方がいたのに撤退しなければならないという現実が受け入れられませんでした。
私がこの辛い時を乗り越えられたのは、一緒に新規事業を行なっていた、とても尊敬している1つ上の先輩(当時は事業責任者)が、今まで見たことないくらい落ち込んでる姿を見て、「私まで落ち込んでいられない!これまでお世話になった分恩返しをしたい。」と思ったことがきっかけです。

―現在どのような仕事をしているときが楽しいですか?

2つあります。1つは、後輩に仕事を教えている時です。後輩に仕事などを教えて、出来るようになった姿を見るととても嬉しく思います。ただ教えるだけでなく、「この子だったらどのような教え方をしたら、理解しやすいだろう?」と常に考えながら、本などで情報を集めて実践しています。
2つ目は、お客様の課題を解決できた時です。集客以外の部分でも、お客様のお力になれた時、ありがとうと言ってもらえた時は凄く楽しさを感じます。

―なぜ入社しようと思ったのですか?

1つ上の先輩社員の話を聞いて、楽しそうに仕事の話をしていて、私も一緒に働きたいと思ったからです。
「1つの会社に長く勤めたい」と考えた時、1番は働いてる「人」の考え方に共感できるかということを重視していました。なので、自分が入社するとしたら1番年が近い当時の新卒(今の1個上の先輩)のお話を聞くことができ、更にその新卒の皆さんが楽しそうに実際のお客様の話や営業の話をしていて、私も一緒に働いて見たいと思ったからです。

―プロフィットラボラトリーに入社して良かったと思うところは何ですか?

飲食業界の知識が増えたことです。学生の頃、居酒屋で働いていたので、「一飲食店の内部」は分かっていましたが、業界のことは全く分かっていませんでした。
入社当初は、どの会社がどの飲食店を運営しているのかなど業界の知識は少なく、分からない状態でした。私自身、飲食店には興味があったので、現在の流行りなど自分の知らない飲食の知識が増えて行くことがとても楽しく思えました。

―3年後どのような姿になっていたいですか?

3年後は、1つの事業部の部長になります。今現在は、お客様とのやり取りをメインで行っていますが、4年目の1月頃までには、「部下を見る」という部分を今以上に高めていきます。後輩1人1人に得意不得意など特徴があるので、それぞれに合った教え方ができ、一緒に目標達成していけるような人間になります。
また現在、営業部の女性で管理職についている人間はまだおりません。ですが、なることができない環境ではないと私は思っています。自分がいち早く上にあがって、女性プランナーにとっての「目標」となります。

―プライベートでは先輩・後輩・上司とどのような交流がありますか?

プロフィット・ラボラトリー全体でいうと、毎年6月にBBQを行なっています。
それ以外でも、休日に集まりたい人だけで飲みに行ったり、スポッチャに行ったり、ボウリングに行きます。冬はスノーボードにも行ったりしています。

フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。