INTERVIEW 社員紹介

大手を蹴って入社!
満足いくまで就活続けて本当に良かった!

花村 紘弥

2016年 新卒入社

テンポスドットコム

WEBデザイナー

銀行、通信の内定を蹴ってテンポスドットコムに入社。
現在、ネットショップの中枢商品の企画・分析・掲載を担当する期待の若手社員!


―大学は経済学部ですが、なぜWEBデザイナーを志望されたのですか?

実は、大学時代に友達3人でネットショップをやっていました。「海外では流行っているけど、まだ日本では販売されていない」、そんな商品を探して販売していたんです。商品の写真やキャッチコピー、ページデザイン次第で、すごく売れる時もあれば売れない時がある、その変化がもう楽しくて。もっと売るためにはどうすればいいのかと考え、ページを作る楽しさを知りました。銀行や通信会社を受けて、内定も複数社いただきましたが、本当にやりたいことは何かと考えた時に、WEBデザイナーだって思ったんです。

―今はどんな仕事をしていますか?

通販サイトの売上アップのための分析・企画・ページ制作をしています。まず、前年の売上や競合他社のサイトと比較しながら、自分たちの商品ページのどこが悪いのか、何が足りないのかを分析していきます。そして、分析結果をもとに、どの商品を「いつまでに」「販売数をどのくらい伸ばすか・いくら売上をアップさせるか」という目標設定とそれを達成するための企画を立て、実際に商品ページを改善していくのが私の仕事です。 週に一度、部長やマネージャーへ、分析の結果や企画を発表しているのですが、毎回ドキドキします。企画がつき返されることも何度もありました。

―確かにそれは緊張しそうですね。企画が突き返されるのはどんな時ですか?

「この企画でこれぐらい売上があがるだろう」と思って企画を出しても、「それでは全く売上は上がらないよ」「月50万円アップするだけなら、他のことに力を入れた方がいい」と指摘されることが多いです。自分の分析や目標設定の甘さが原因なんですよね。だから、「この企画を確実に遂行してやる」という気持ちをもって丁寧に仕事に取り組んでいます。

―仕事で落ち込んだことはありますか?

入社半年たった頃、推奨商品のサイト内ページのデザインを任せてもらったことがありました。学生時代に、4ヶ月間びっちりWEBデザインの勉強をやっていたので、ちょっとした自信もありました。「これが絶対良い!」と自信をもって上司にデザインを提出したのですが、「いや〜地味じゃない」とバッサリ!(笑)。その後も、何度もデザインを提出しましたが、「フォントの使い方が古い」「行間の使い方が悪い」など、もう全然ダメダメで・・・。1週間くらい粘りましたが、結局、一つ上の先輩が3〜4時間で作ったデザインが採用されてしまいました。

―それは悔しいですね。

学んできた事がことごとく通用しないこと、そして自分の実力の無さに落ち込みました。ですが、短時間で凄く良いデザインを作ってしまう先輩に追いつきたいという気持ちの方が強かったのを覚えています。

―実際に働き始めて、楽しいことは何ですか?

分析は奥が深くて、なかなか思い通りに売上が上がらないことが多いですが、それでも、「ページをこうしたらもっと売れるかも」「こんなキャッチコピーを入れてみたらどうかな」と考えて、実際にページを作り、売上がアップした時が一番嬉しいです。 だから、後悔のない就職活動をして本当に良かったと思います。

一日の流れ

7:30 起床
7:40 出発
最寄り駅まで徒歩で20分。パソコンの作業が多い仕事のため運動のためにと少し遠い家に引っ越し
8:15 出社
9:00 朝礼
朝礼ではしっかり声をだすように心掛けている。寝ぼけた声だと、周りの人も仕事やろうという気持ちにならないですもんね。昨日の各商品の売上をチェックします
10:00 会議
商品の売上進捗、分析、対策について発表
11:00 会議で依頼されたことは、午前中に終わらせるようにしています
12:00
13:00 データ分析
商品の売上分析、ページ修正、新商品の掲載、ページのデザイン、企画書の作成などを行います
19:00 退社
週に3日はジムに行っています。フットサルをすることも
23:00 就寝
一覧へ戻る
RETURN TO TOP
フードビジネスプロデューサーを目指す、テンポスグループの新卒採用。