はじめましてテンポスバスターズです

テンポスバスターズとは

image

テンポスバスターズは飲食店を創るお手伝いをしている会社です。
ファミリーレストラン、焼肉屋、ラーメン屋、ハンバーガー屋、カフェなど年間2万件以上の飲食店創りのお手伝いをしています。

皆さんが普段何気なく入っている飲食店は、もしかしたらテンポスバスターズがプロデュースしたお店かもしれません。
コンセプト作り、物件選び、デザイン、厨房レイアウト、人材採用、お客様にリピーターになってもらう仕掛け…
飲食店をオープンする前からオープンした後まで、テンポスバスターズに全ておまかせ。

飲食店を総合プロデュースしている日本で唯一の会社。それがテンポスバスターズです。

フードビジネスプロデューサーを目指して
~Food Business Producer~

20年前に設立されたテンポスバスターズは、当時はただの「中古の厨房屋」でした。
閉店した飲食店から冷蔵庫やオーブンなどの厨房機器を引き上げて、再生センターで整備をした上でリサイクル品として次のお客様に販売する。

これが創業当時のテンポスバスターズの仕事でした。
飲食店のオーナーさんには、悩み事が沢山あります。
冷蔵庫の調子が悪い、味には自信があるのにお客様が来ない、なかなか売上が上がらない、スタッフの教育が上手くいかない…極めつけは、店長が突然辞めた!!

10年で1割しか残らないと言われている、競争の激しい飲食業界でお店を経営し続けることは、非常に難しいことです。
中古の厨房を売るだけでなく、飲食店を経営する人すべてのお悩みを解決したい。

飲食店のことならテンポスに聞け!」と言われるようになるために―。
飲食店を創り、そしてそのお店を続けることを形を変えながら全力でサポートする。
これが「フードビジネスプロデューサー」を目指すテンポスバスターズの仕事です。

こんな仕事をしています!

image

①飲食店アドバイザーとして店頭で接客・販売

テンポスバスターズの取扱商品は業務用厨房機器からイス・テーブル、食器や調理道具までバラエティに富んでいます。
全国58か所に販売店を構え、お客様のお店に合った商品やサービスをご提案しています。

「これからお店を開きたい」新規オープンのお客様

コンセプト作り、物件選び、厨房レイアウトなど、お店創りをイチからサポートします。
オーナー様が「どんな雰囲気で、どんなお客様に、どんな料理を提供したいのか」ヒアリングをしながらお店創りを進めていきます。

「新メニューを出すから食器を見に来た」既にお店を経営しているお客様

夏のランチメニューで冷やし中華を出すのであれば、ガラスの食器が涼しげでおすすめです。
ワインにこだわっているお店であれば、海外メーカーのグラスが素敵ですよ・・・。
オーナー様のこだわりやお店の雰囲気、季節に合わせて商品をご提案します。

②エンジニアとして再生センターで引き上げ品を整備・点検

image

創業当時から続くリサイクル事業。テンポスで販売する商品には新品とリサイクル品があり、新品に比べてリサイクル品は費用を安く抑えることが出来ます。

オープンにかかるお金を1万円でも安く抑えたい・・・
そんなお悩みにもテンポスバスターズならお答えすることが出来ます。

全国59箇所のお店に並ぶリサイクル品は、再生センターで商品を磨き、整備してくれるエンジニアがあってこそ。
全国の販売店は再生センターのエンジニアたちに支えられて商品を販売しています

【リサイクル品がお店に並ぶまで】

飲食店から買取依頼 → 再生センターが買取・整備・点検 → リサイクル品として全国のお店へ出荷

私たちと一緒に、FBPを目指しませんか?

image

販売・接客に興味のある人、機械いじりが好きな人、じっとしているより動き回っている方が好きな人、飲食店が好きな人、食べるのが好きな人、人と話すのが好きな人、誰かの夢を応援したい人、お客様と深く関われる仕事がしたい人・・・

募集は2職種

先輩社員インタビュー
1)飲食店アドバイザー編

image

川崎店
石上 楓(いしがみ かえで)
平成26年4月入社(入社5年目)
出身校:神奈川県立中央農業高校
自己紹介:ディズニーランドが大好き。早寝早起きが得意です。

< 経歴 >
平成26年4月入社:リサイクルエンジニアとして戸塚買取センターに配属
平成29年10月:再生事業部の買取受付担当として本社に異動
平成30年5月:川崎店に異動
image

―入社5年目で3つの部署を経験している石上さん。5月から配属された川崎店ではどんな仕事をしていますか?

今まではリサイクルエンジニアと本部の買取受付担当として働いてきて、お客様と直接顔を合わせて相談に乗る機会がほとんどありませんでした。店舗でお客様と直接お話しするのはとても新鮮です。

厨房機器を整備してきた経験があるので、販売時は必ずメンテナンスの方法を説明しています。川崎店配属の前は本部で買取受付担当をしていて、1日20件以上、すべて電話での対応でした。昔は電話応対が苦手だったのですが、買取受付担当になったことによって克服できたと思います。店舗でも電話でのお問い合わせが多いので、今までの経験が生きていると感じます。

―テンポスバスターズに入社したきっかけはありますか?

説明会を聞きに行った際に、「人の夢を後押しできる仕事」というフレーズに引かれて入社しました。買取センターで整備をしていた時は、本来捨てられるはずだったモノに新しい命を吹き込む仕事にやりがいを感じていました。現在働いている店舗では、これからお店をオープンされるお客様と直接お話して相談に乗ることができるので、「夢を後押しする仕事」を今正にしている、と実感しています。

―これからの目標は何ですか?

image

入社5年目とはいえ、店舗での仕事はまだまだ覚えることが沢山ありますし、商品知識も足りません。今後はインテリア・食器など新しい知識を身に着けて、お客様から「石上さんに頼んで良かった」と言ってもらえるようになりたいです。

【入社5年目 石上 楓の1日】

image
image
9:30 朝礼(1日の予定を一人ずつ発表。お店の昨日までの売上を必ず確認します)
9:50 店内の掃除(お客様を気持ちよく迎えられるように、床の掃除やカタログ整理をします)
10:00 営業開始(商品の発注や品出しを中心に行います。取り扱いアイテムが1万点と多いので、品出しをしながら商品の場所を覚えています。商品の置き方や見せ方によって売れ行きが変わってくるので、売り場づくりは奥深いです)
12:30 お昼休憩
13:30 接客・見積書作り(14時~15時がお客様が特に多い時間帯なので、ひたすらお客様への声掛けをします。まずは大きな声で「いらっしゃいませ」と元気よく挨拶するところから始まります)
カタログで商品を提案することもあります。ピークが過ぎたらお客様から依頼されている見積書を作ります
18:30 業務終了(店長と毎日交換日記を交わしているので、その記入をしてから退社します。仕事をしている中で困ったことや相談したいこと、明日の目標等を書いています)

先輩社員インタビュー
2)リサイクルエンジニア編

image

大阪買取センター
溝口 優真(みぞぐち ゆうま)写真右
出身校:大阪市立第二工芸高等学校
自己紹介:好きな食べものから揚げです。ベースが弾けます。

西野 新大(にしの あらた)写真左
出身校:大阪商業大学高等学校
自己紹介:特技は料理です。得意料理はオムライスです。

西野さんは配属されて丸2か月が経とうとしていますか、今はどんな仕事をしていますか?

image

「板金」と呼ばれるシンクや作業台などの洗浄・ミキサーなどの小物の点検をメインに行っています。現場の引き上げ作業に同行することもあります。まだまだ覚えることが沢山ありますが、やったことがないことに挑戦することが好きなので、次は大型の冷蔵庫の整備をやってみたいです。

配属前は上手くやっていけるか不安だったのですが、新入社員研修の最後に動画でメッセージを頂けたことが嬉しかったです。配属当日もセンターの皆さんが温かく迎えてくれたので、ホッとしました。溝口さんを始め、先輩が丁寧に教えてくれるので、安心して仕事ができます。

溝口さんは2年目になって、後輩が入ってきて、何か変化はありましたか?

西野さんが入ってくれたおかげで、仕事が楽になりました。今までは1人で行っていた機械の洗浄や点検も、私が西野さんに教えながら分担して出来るようになりました。西野さんに教えていると、1年目に比べて出来るようになったことが増えたなと感じます。

西野さんとは今度一緒に釣りに行こうと約束していて、西野さんが料理上手なので、私が魚を釣って西野さんにさばいてもらおうと思っています(笑)。

同期との関係はどうですか?

image

溝口:同期のLINEグループを作っているので、「調子どう?」とちょこちょこ連絡を取り合っています。

西野:私も同じです。店舗で働いている同期に、いつか自分が整備したものを販売してもらいたいです。

【入社2年目 溝口優真
入社1年目 西野新大の1日】

image
image
9:00 出社(完成品を店舗へ出荷するための準備や、小型の機械の整備をします。買取依頼を受けた飲食店へ、撤去作業をするために外出することもあります)
10:00 朝礼(組み立てや分解を何台行うか、1日の目標を全員が発表します)
10:10 出荷作業(整備が終わった完成品をテンポスの各店舗に送ります)
11:00 冷蔵庫や製氷機の整備・組み立て・洗い
12:00 お昼休憩
13:00 冷蔵庫や製氷機の整備・組み立て・洗い
15:00 分解・組み立てた製品の試運転・洗い(お客様に安心して使って頂くために試運転は欠かせません。
製氷機は必ず氷を作って、きちんと氷が出来ているかをチェックをします)
17:50 終礼(朝礼で発表した目標台数に対して何台出来たか等、1日の業務の報告をします。)
18:00 業務終了

先輩社員インタビュー
3)高卒期待の星 編

image

広島買取センター センター長
小川 勇太(おがわ ゆうた)
平成26年4月入社(入社5年目)
出身校:横須賀市立横須賀総合高校
マイブームは刑事ドラマを見る事です(相棒にハマってます)…今更ですが

< 経歴 >
平成26年4月入社:リサイクルエンジニアとして戸塚買取センターに配属
平成28年6月:広島買取センター設立に伴い異動
平成29年5月:広島買取センター長に就任
image

センター長への就任、おめでとうございます。広島に異動して初めてわかったことや、気付いたことや成長したこと…自分に何か変化はありましたか?

ありがとうございます。戸塚買取センターという全てが揃っている環境にいた分、広島買取センターで何から何まで自分で準備することに苦労しました。例えば設備や道具をイチから揃えなければいけなかったですし、一緒に働くスタッフの採用も行わなければいけませんでした。

広島に異動したことで「自分で何でもやらなくては」「自分が一番しっかりしなくては」と思うようになり、仕事に対する姿勢が変わりました。自分でも信じられませんが、入社したばかりの頃は声が小さく大人しかったです(笑)。

仕事をしていて「やっていて良かった」と思うのはどんな時ですか?

image

1番は自分が整備した機器が売れた時です。
最近では、イベント(朝食フェスや居酒屋大サーカス)中に機械のトラブルにすぐ対応した時に、お客様に「助かったよ、ありがとう」と直接お礼を言ってもらえ、とても嬉しかったです。

テンポスバスターズのどんな所が好きですか?

一生懸命仕事をしていると、助けてくれる人が沢山いる所です。
頑張りを見てくれている人が必ずいるので、前向きに仕事に取り組むことが出来ます。

テンポスバスターズを一言で表すと?

自分の可能性を引き出してくれる会社です。

今後どんなセンター長になりたいですか?

人をまとめる。的確な指示出しができる。何でも相談してもらえる。そんなリーダーシップのある人になりたいです。

【入社5年目 小川 勇太の1日】

image
image
9:40 朝礼(元気よくラジオ体操。その後全員の1日の予定を確認します)
10:00 分解・組み立て・試運転(洗浄担当がその日に洗う冷蔵庫やガスコンロなどの機器を分解し、洗浄してもらった機器を組立ててテストをします。広島買取センターでは洗浄2人、整備を私1人で行っているので連携が大切です)
13:00 昼食(広島と言ったらお好み焼。行きつけのお好み焼屋によく食べに行きます)
14:00 撤去・買取(お客様から買取依頼がある時は午後に行くことが多いです。大手飲食チェーン店やコンビニエンスストアから買取依頼が来ることも。多いときは1日に3件買取に行きます)
14:30 買取依頼を受けた飲食店に到着(まずは機械の状態をチェック。その後コンセントやガスの接続を外し、どんどん外に運び出します)
16:00 センターに到着(センターに戻り次第、買い取ってきたものの荷下ろしとPCへの商品登録をします。
また、午前中にテストをした商品をお店に出荷するための準備をします)
18:30 片付け(作業場や使った道具の片付けをし、洗浄担当と次の日に洗う物の確認をします)
19:00 業務終了

社内の取り組み

テンポスバスターズで大事にしている「良い人間関係をつくる」というテーマを元に全社で取り組んでいることを紹介します。

image

サンクスカード

忙しい時、つい「ありがとう」と言い忘れてしまうことがありませんか?
小さな「ありがとう」の気持ちを大切に、相手にきちんと伝えようという目的でサンクスカードの記入をしています。 今では会社全体で月に4417枚書かれています(平成30年5月度実績)

image

お手紙大作戦

お店に並んでいるリサイクル品には全て、エンジニアからの手紙がついています。お客様に安心して使って頂く為に、そして修理・整備したエンジニアの思いが伝わるように、心をこめて書いています。

キャリアアップ
仕事を通じて成長したい人を応援します

飲食店アドバイザーとリサイクルエンジニアの2職種があります。
リサイクルエンジニアとして入社した方が「飲食店アドバイザーもやってみたい」と思えば異動することも可能です。
テンポスバスターズは「やってみたい」「挑戦してみたい」という気持ちがある人に活躍してもらいたいと思っています。ゆくゆくは店長、センター長に、あるいは、グループ会社に異動して不動産やマーケティングの部署へ異動することもできます。
あなただけのキャリアを積み上げていきましょう。

繁盛店を創るのは君だ!

image